国が後押しするインバウンドの流れ!

先進国も途上国も、観光産業はその国の経済にとって極めて重要なファクターだといえます。しかし、日本は長年観光産業を経済分野の中で決して優遇してきませんでした。戦後から高度経済成長期を経て、重工業、自動車、機械、電子と工業の育成に重点を置き、観光の持つ可能性にスポットを当てませんでした。低成長時代が続く現在、ようやく政府も重い腰を上げ、海外からの観光客の取り込みに力を入れ始めました。アジア諸国の人たちへのビザ発給要件の緩和と、それらの国における順調な経済発展で中間層の人が増え、彼らがようやく今、日本に来はじめています。

klasdjflasdklfklsj.com